ペニンシュラキッチンの改造

ペニンシュラキッチンの拡張。。。港区

ペニンシュラキッチンにプラスアルファして、より使い勝手の良いキッチンになりました。

既存のキッチンをそのまま生かし、収納力と使い勝手を違和感なくアップさせる事が出来ました

既存のキッチンのカウンターと同じ人工石(サイルストーン)にして、扉は突板の鏡面黒塗装仕上げも同じにしました。

このような形でキッチンの実力を上げてあげるのも1つの方法です。

 

毎日使用する所なので、体が慣れずストレスが溜まるようなら、改善して頂きたいと思います。

レイアウトを変えたり、丸ごと交換するばかりがキッチンリフォームではありません。

キッチンリノベーションを謳う弊社では大掛かりな工事も勿論多いですが、小さな不満を小さな工事で解決する事も可能です。

 

例えばキッチンの高さを上げる事も、下げる事も可能ですので、ご相談ください。

キッチンの高さが高いと、ひじの位置が上がるので肩こりしやすくなりますし、水道の水が肘に垂れやすくなります。

キッチンの高さが低いと、前かがみになり、腰が痛くなります。

 

 

 

ペニンシュラキッチンの拡張

調理する仕事内容によって高さを変えられますよというキッチンも世の中にはありますが、そこまでしなくても、

自分に合った高さに変える事だけで満足度は高くなると思います。

ご夫婦共によく調理するというお宅では、高さの違う2台のキッチンを並べてレイアウトしたこともあるほどです。

アイデア次第で快適生活&素敵インテリアへの道はありますので、諦めないで頂きたいものです。

私達もその為の研究を地道に行っています。

 

ついでに、先ほどお伝えした、ご夫婦それぞれのキッチンを2台並べたケースをご紹介しておきます。

高さが微妙に違うのと、ご主人様は業務用の機器をチョイスされ、壁に向かって黙々と調理されます。

奥様は会話しながら、キッチンを取り囲んで和気あいあいと調理されるイメージです。

 

2列型キッチン