輸入キッチンのメンテナンス

クラシックキッチンのリ・プロダクト。。。葉山

かれこれ20年以上使われている輸入キッチンのメンテナンスプロジェクトの記録です。

輸入キッチンのメンテナンスサービス

再生されたクラシックキッチン

海外で若い時を過ごされ、帰国して家を建てる時、使い慣れた輸入キッチンを採用されました。

重厚で、家具調の装飾が施された、丈夫な無垢材のキッチンは、家の間取りに合わせてI型にされました。

20年もの間には、ガスコンロをIHコンロに交換される事はあっても、他はずっとそのままで使われていました。

 

子育ても一段落し、慌ただしい毎日から少し解放された時、気にはなっていた人工大理石カウンターのヒビ割れが、

「そろそろ直してよ」と聞こえたそうです。

あれだけ思い入れのあったキッチンが、あちらこちら傷んでおり、かわいそうになってメンテナンスの出来る会社を探し始めたそうです。

どこのメーカーなのかも分からない中、おそらくこのメーカーかもしれないという所までたどり着きましたが、

メーカーでは新品を販売する事は出来ても、再生する事は出来ないと告げられました。が、その代わり、ワイズキッチンファクトリーなら、

キッチンを再生してくれると思うよと紹介され、弊社に相談に来られたのが、再生の第一歩となりました。

 

キッチンカウンターの交換

人工大理石カウンターのひび割れ

輸入キッチンのメンテナンス

再生前の輸入キッチン


状態を見ると、カウンターも、扉材も傷み、換気扇はあまり吸わない、水栓は気が付くと漏れており、食洗機は途中1度のメンテナンスで

元気に稼働中という状況でした。

 

さあ、単に直すと言っても、水の漏れが激しい事から、建物への傷みも心配された為、キッチンを一度丸ごと外す必要があります。

外すと壁と床材が腐ってましたが、幸いなことに柱や土台は無事でしたので、大掛かりな工事にならなくて済みました。

小さな住民の住処にもなっているので、消毒して建物もキャビネットも清潔な状態にして再度設置しました。

 

今回、折角改造するので、シンク下の観音扉は、使いやすいように2段引出しに作り直しました。

カウンターを新しくし、シンクはステンレスにホワイト塗装をしたものに交換しました。

扉は小傷や凹みはそのままに全て塗り直し、壊れている扉は同じデザインで作り直し、ツマミは磨き直しました。

水栓や換気扇は使いやすい最新のものに交換し、ちょっとした棚を造作し、スポット照明を新設しました。

 

また20年前の姿に戻ったキッチンに更なる愛着が湧いたという事で、大満足して頂きました。

単に経年劣化している事と、古いけれど手入れの行き届いている事の大きな違いは、愛着からくる差なんだとつくづく感じました。

ついでに、玄関からLDKに使われている無垢材のフローリングも、再塗装させて頂き、家の外部のメンテナンスも次回お願いされました。

シンク下の引き出しのツマミの位置はよーーーく考えてからにしたいという事で写真ではまだ付いていません。。。