都市型コンパクトなオーダーキッチン

コンパクトな二列型クラシックキッチン。。。品川区

コンパクトでも機能十分、質感十分、雰囲気十分な都市型キッチンが出来ました。

コンロ側の吊戸棚の様子

コンロ側

特に都内には狭小住宅や、変形地が多い為、建築士さんは敷地に有効なプランの捻出に頭を使っています。

敷地や建物が真四角でないからこそ、デザインにやりがいがあるという建築士さんも多いと思います。

これまで完成した建物の内覧で、結果的におしゃれだったり、使い勝手が良いとなるケースも多くあります。

 

今回の戸建てリフォームはまさに狭小地変形地過密地と、驚きの要素十分の案件です。

そんな中、お客様のご希望は、

①小さなI型キッチンを二列型キッチンにする

②レンガや無垢材や装飾を使ったオールドイングリッシュな雰囲気を作りたい

③最新の機器を使い、コンパクトながらも生活感を出さない

というものでした。

 

二列型キッチンのシンク側

シンク側

壁面のブリックレンガと、シンク前のタイル、コンロ前のタイル、床のタイルと、全て違う質感にし、色のトーンだけを統一しました。

キャビネットはとにかく家具調で造作し、オークの無垢材を染色、色止め、ウレタン吹付で七分艶仕上げとしました。

カウンターは人工鉱石に、このテイストではよく使うKOLERのオーバーシンクではなく、ステンレスフッ素塗装のホワイトをアンダーで

取付。

水栓はGLOHEと浄水器用のKOHLERを2本立てに。

 

カラーシンクにグローエとコーラーの水栓金具の2台設置

シンク周り

カウンターの奥にはバックガード(水返し)を付け、コンパクトなキッチンの囲まれ感を出しました。

シンクキャビネットのダイニング側の画像がありませんが、笠木や腰パネルも含め、造作家具のように一式で製作してあります。

 

 

吊戸棚というより壁付けの家具

コンロ側吊戸棚

コンロ側の吊戸棚は、「吊戸棚」というよりも「家具の壁付け」という見た目になっています。

コンロは、MieleのIHを採用する事で、本来魚焼きグリルのある所を引き出しとして使っています。

 

コツコツためて来られたアンティークの家具や、雑貨ともうまく溶け込み、新品だけどピッカピカではない、昔からそこにあったかのようなキッチンが出来ました。

お客様のご希望で、全てを教科書通りのがっつりコテコテにせず、使い勝手と違和感の遊び心でプランした事が良い結果を生みました。