東京、横浜にショールームのあるオーダーキッチンのメーカーです。

マントルピースのオーダー製作。。。中区

リノベーションに合わせて、マントルピースもオーダー製作しましたのでご覧いただきます。

戸建てリノベーションで造作したマントルピース(暖炉)

お客様が購入された戸建てのリノベーションをして入居するにあたり、最も必要と思われたのはマントルピースでした。

生まれ育った、住み慣れたハワイの家で家族が大切に感じていた場所はマントルピースとその空間だったそうです。

日本で最初に住んだ家では実現する事が出来なかった為、今度の家でこそはという思いでいらっしゃいました。

キーワードは、ワイルド!シンプル!本物の素材!

とはいえ、ここは住宅のひしめく日本です。薪をくべて使う本格的な物だと実現は難しい為、エタノール暖炉をビルトインするマントルピースを考えました。

 

 

エタノール式マントルピースの使用例

エタノール暖炉の参考画像

疑似薪を電気で光らせて燃えてる風なイミテーションマントルピースもありますが、本当に火が燃えている事が重要という事と、

実際に暖かくもなる事も、程度はともかく重要という事で、アメリカから輸入する事に決定しました。

勿論、日本に代理店があって購入するわけでは無いので、品質や保証についてはノンクレームという事で了承頂いた上での採用です。

ステンレスのフレームからの離隔寸法は指定されているので、自ずと内部の大きさは決まります。

実際ビルトインされている状態では、かなり大きくなるなという印象です。

エタノール暖炉を使ったマントルピースのオーダー製作

内部は不燃材で囲まれており、ステンレスのフレームが触れる所は全て不燃材で仕上げています。

床面の天然石はバナー仕上げにしているので、マットな質感にワイルドな手触りにしています。

コの字型に組んだ石も、モルタルで作った擬石ではなく本物で、沢山のサンプルの中から選び抜いたこだわりの品です。

カウンターになる部分は、釘痕や打痕や鋸目のあるパインの古材をご希望の色に染色して、艶消しのウレタンで仕上げています。

装飾として作った化粧梁やケーシングと同色です。

カウンターから上も古材で、栂材にシルバー染色しています。

本当はこの部分にもコの字部分と同じ石を貼りたかったのですが、重量的に安全基準を超えそうな気配だったので、素材を変えました。

 

このあと引き渡し後には、内部の不燃材にはお客様自らペイントをされます。煤けた経年の味わいに描かれるとの事なので、非常に楽しみな1品が出来上がりそうです。