ペニンシュラキッチンとカップボード

ペニンシュラキッチンとカップボード。。。文京区

完成したキッチンでお祝いをという事で、銀座のお寿司屋さんが出張して下さいました。

カップボード、背面収納

元々は、既存のキッチンのレンジフードを交換して、カップボードに少し付け足しを、というお話でのスタートでした。

まだお使いになって10年位という事で、カウンターも食洗機も傷みや不具合は出ていませんでした。

しかし。。。やはりそれだけでは済まなくなるんですね。

ココがああだったらと、聞けば色々と出て来ますので、参考までに、全ての要望を叶えた場合、これだけの費用ですよと、

お伝えする事になり、熟慮の末、いっそやってしまおうかという事になった訳です。

 

キッチンは、ダイニングからの見た目をより良くする為に、腰高の家具調パネルでアール形状のオープンスペースを作りました。

これにより、既存のカウンターはサイズ的に使えない事から、御影石に交換し、ガラスのディバイダ―で水はね防止と手元隠し対策をしました。

壁のタイルも、カウンターと同じ御影石に張り替えです。

 

カップボード側は、既存のものにプラスして、壁面一杯の収納としました。

これにより、サイズが2倍になる為、こちらもカウンターを御影石に交換です。

壁面も同じ御影石を張り、一体感が出ています。

ワイングラスホルダーを設置し、古いハロゲンのダウンライトをLEDに交換し、古びた箇所は塗装し直して、真新しいカップボードになりました。

 

キッチンの奥にあった納戸も、壁を取り払い、天井までの大きな引き違いのドアにする事にし、

納戸内にある、結露しがちな窓は断熱した上で塞ぎました。

 

画像はありませんが、シューズBOXも、扉や大きさをリプロダクトし、使い勝手、見栄え共にアップさせました。

 

 

 

 

ペニンシュラキッチンの家具調アール壁

思い切って大掛かりな工事に変えた事で、新しい仕事に一歩踏み出そうとされているお客様の琴線に触れ、

心機一転と、決意を新たにされたその記念にという事で、お寿司屋さん出張パーティーとなりました。

 

我々もお客様同様に、職人芸の細かい仕事や、こだわりを見る事で、自分の仕事にフィードバックさせる事が出来ました。

貴重な時間を頂いた事に改めて感謝いたします。

天然石を明るく照らす照明に器具も位置も交換した事で、更なる運気上昇間違い無い事でしょう。

大理石テーブルでの食事